夏ごろに引継ぎをしたプロジェクトは、はじめから儲からないと聞いてはいたが、
実際ふりかえってみると本当に赤字だった。

がんばればがんばるほどに、
会社も私も損をするという状態がつづいており、利益はない。

給料分稼いでないというか、
これではほとんど主要なプロジェクトを担う部署の人に
扶養されているようなものだ。


わたしのことも
いつのまにか養っているなんて
知らないんだろうなぁ、
家に帰れば本当の扶養家族がいるだろうに。



そう思うと、心が痛い。
大変だね、おじさん。

だからこれからは、郵便物を届けるときも、いつもより丁寧に置こうと思う。

こうして今日、無事にお給料がもらえるのも
すべてその部署のおかげなのだから。



あんまり喋ったことないけど、

Kさん、


毎月、ホントに、ありがとう。

QLOOKアクセス解析